スウェーデンでテロ組織PKKへの反発

スウェーデンの自治体が、分離テロ組織PKKの幕を掲げた協会に制裁を科した。

スウェーデンでテロ組織PKKへの反発

スウェーデンの都市ヨーテボリに属するヒジンゲン地方自治体は、毎年行われる縁日のテントにテロ組織PKKの幕を掲げていた女性協会と、一切の関係を絶ち切ったと伝えた。

ヨーテボリ・ポステン紙に話したヒジンゲン地方自治体のミカエル・ヨランソン文化社会活動部門局長は、

「去年の縁日でその女性協会のテントはどこもかしこもテロ組織PKKの幕がかかっていた。我々も協会に警告した。協会は謝罪して二度とそうしないと言ったが、今年また同じことをした。」と語った。

この女性協会との一切の関係を絶ち切ったと述べたヨランソン局長は、

「協会に対し、次の縁日には参加させないと電子メールで伝え、自治体として、一切の関係を絶ち切ったと告知した。なぜなら欧州連合(EU)のテロ組織のリストに載っているテロ組織PKKを支援しているとの疑いがあるこの協会とともに活動を行えば、我々の価値観に反することになるからだ。」と述べた。

 

(2017年5月17日)



注目ニュース