【アゼルバイジャン】 屋内と一部屋外での喫煙が禁止

アゼルバイジャン国民議会は、屋内かつ一部屋外の公共の場所での喫煙を禁止する「タバコ製品の使用制限」法を承認した。

【アゼルバイジャン】 屋内と一部屋外での喫煙が禁止

 

法に従い、医療機関、教育機関、博物館、劇場、映画館、民間や公共の職場、商業・社会サービスが行われている屋内構造すべてで喫煙が禁止されることになる。

また、空港や港の建物、駅、ターミナル、バス停、公共交通機関、タクシー、エレベーター、児童公園、ビーチでの喫煙もできなくなる。

ホテル、カフェ、バー、レストランのような屋内、地下道や遊歩道でも禁煙となった。

 

(2017年4月14日)

 



注目ニュース