パリの爆弾通報、根拠なしと判明

フランスの首都パリにある財務検察局への爆弾通報は、根拠のないものだったと判明した。

パリの爆弾通報、根拠なしと判明

捜査が行われたが、爆発物は見つからなかった。

パリの財務検察局は、電話により爆弾通報が行われた後、空になった。

爆弾破壊チームは、建物全体で爆発物の捜査を行った。

しかし、何らかの爆弾または爆発物の跡は見つからず、職員には再び建物に戻る許可が与えられた。

フランスでは、週末にオーリー空港で武器の音がしたために、何千人もの人々が空港から避難させられていた。

1人の攻撃犯が、1人の女性兵士が持っていた武器を奪い取ろうとしたために、別の警備員により銃撃されて殺害されていた。

 

(2017年3月20日)

 

 


キーワード: 爆弾通報 , 財務検察局 , パリ

注目ニュース