ジェイミー・オリヴァーがマクドナルドに勝った、肉の正体が明らかに

1月16日前後、「イギリスの有名シェフ、ジェイミー・オリヴァー氏が消費文化最大の象徴であるマクドナルドに対して起こした裁判に勝訴した」というニュースがトルコを駆け巡った。

ジェイミー・オリヴァーがマクドナルドに勝った、肉の正体が明らかに

 


1月16日前後にトルコの多くのメディアで行われた報道によると、イギリスの有名シェフ、ジェイミー・オリヴァー氏が消費文化最大の象徴であるマクドナルドに対して起こしていた裁判に勝訴した。この勝訴により、マクドナルドのハンバーガーの「肉」が、動物性脂肪生地とアンモニアから作られていることが証拠付けられることとなった。

オリヴァー氏は、勝訴した裁判により、マクドナルドのファーストフードチェーンでは、本当の肉の代わりに、食用肉から出たくず肉、腱、脂肪、結合組織を混ぜた物から成るペースト状の生地とアンモニアが使用されていることを証明した。

イギリス人シェフでありテレビ番組制作者であるオリバー氏は、ハンバーガーとチキンナゲットのおいしさの裏に潜む恐るべき真実を明らかにした。

オリバー氏の発言によると、マクドナルドの店舗でサービスされる商品は、食品として定義不能である。

 

トルコ・マクドナルド 「事実無根の話」

1月16日前後にトルコの多くのメディアで行われた「ジェイミー・オリヴァーがマクドナルドに勝った、肉の正体が明らかに」という報道に対し、トルコ・マクドナルド社がコメントを発表した。

トルコ・マクドナルド社は、「マクドナルドのハンバーガーに使用されているビーフパティ(ハンバーガー用の肉)は、1986年に食糧農業畜産省の認可を受けて以降、外部の監査会社による監査を受け承認されたサプライヤーの施設で、マクドナルド独自の純粋な牛肉を使用し、添加物は加えず、イスラムのしきたりに則った方法で生産されている。マクドナルドの肉のサプライヤーは、食品安全証明において、国際的評判と知名度が高い機関により行われた監査を受け、常に最高の評価を受けている。マクドナルド製品の生産を行うすべての生産者は、食糧農業畜産省が設けた決まり、およびトルコ食品規格に追加でマクドナルドの生産者に義務付けられたすべての食品安全条件にも従っている。」とコメントした。

 

また、ニュースチャンネル「アー・ハベル」の取材に対し、「昨今世間で話題となっているマクドナルドに対し起こされた裁判に関する報道で伝えられていることは、何ひとつ真実ではない。報道で言われているような裁判やそれに関する判決は存在しない。さらに、他の国で問題となり、トルコとは何も関係がない事実無根の話を、かなりの時間が過ぎてからトルコの問題に巻き込もうとする動きは考えさせられるものがある。弊社は、あらゆる法的権利が侵害されることはないという条件のもとで、この問題の追跡を続けていく。消費者の健康は弊社にとって何にも増して大切なことである。マクドナルドの基準において決して妥協することのない基本テーマは『食品の安全性』と『製品の質』である。」と回答した。

 

アクダ―保健大臣 「我が国では禁止。使用されたこともない。」

保健省のレジェプ・アクダー大臣は、出演したニュースチャンネル「アー・ハベル」の生番組でこの問題に関し質問されると、一連の報道を受けて状況を調査するよう指示を出し、報告書に目を通したことを明らかにした。

アクダー大臣は、問題となっているアンモニアの食品への使用は、アメリカでは自由だが、欧州連合(EU)とトルコでは禁止されていると述べた。

アクダ―大臣は、「これまでに行われた調査で、この物質が我が国で食品に使用されたことはない」ことを明らかにし、この件に関し、食糧農業畜産省と保健省が連携し取り組んでいくと述べた。

 

 

※ 2017年1月16日に発行された内容に加筆しました。

 

(初出:2017年1月16日 更新:2017年1月29日)

 

 



注目ニュース