【ケニア】 1250万年前に生きていた世界最小の類人猿の化石が見つかる

ケニアで1250万年前に生きていた世界最小の類人猿の化石が発見された。

【ケニア】 1250万年前に生きていた世界最小の類人猿の化石が見つかる

 

 

 

ケニアの科学雑誌に載せられた報告によると、類人猿の化石は、ケニアの中西部にあるトゥーゲン・ヒルズで発見された。

科学者たちは、約3.5キロの化石は、この世で最も小さい類人猿だと発表した。

科学者たちは、1960年より地域で調査活動を行っており、発見されたこの新たな化石はこの先の調査活動へのインスピレーションとなったと話した。

 

 

 

(2018年11月8日木曜日)

 

 

 


キーワード: 世界最小 , 化石 , 類人猿 , ケニア

注目ニュース