クヌク遺跡からヘレニズム時代の神殿が発見される

トルコ中央部のニーデ県にあるクヌク遺跡の発掘作業で、今から2100年前のヘレニズム時代のものとされる神殿が見つかった。

クヌク遺跡からヘレニズム時代の神殿が発見される

 

 

ニーデ県アルトゥンヒサル区に属するイェシルユルト村の近くにあるクヌク遺跡は、イタリアとトルコの考古学者が発掘作業を続けている。

ヘレニズム時代(2100年前)の神殿が見つかったクヌク遺跡では、今から2年前、ペルシャ時代(2500年前)の神殿が発見されている。

発掘調査隊の隊長でニューヨーク大学のロレンツォ・ダルフォンソ教授は、「2年前に発見された2500年前の神殿のすぐ下の部分の発掘を続けたところ、ヘレニズム時代の神殿が新たに出てきた」と話した。

 

 

 

(2018年7月22日日曜日)

 

 

 



注目ニュース