国際無人航空システム大会でトルコチームが躍進

トルコ代表チームが、世界各地から有数のチームのみが参加できる国際無人航空システム大会(AUVSI SUAS)で躍進した。

国際無人航空システム大会でトルコチームが躍進

今年第16回となるこの大会は、アメリカのメリーランド州で開催された。

事前申し込みの段階を超えることができた限られたチームが参加できるこの大会で、今年は世界各地から69の大学チームが参加を許された。

大学内で構成された技術チームの国際大会における成功を次第に高めつつあるトルコからは、5チームが参加した。

ハーバード大学、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校などの世界最高レベルの大学の強力なライバルと競争したイスタンブール工科大学とユルドゥズ工科大学の学生たちは、上位10位に入り、大きな成功を収めた。

イスタンブール工科大学のチームİTÜNOMは7位、ユルドゥズ工科大学のチームLagariは8位についた。

また、チームLagariは大会日の最も正確な的を得た射撃を行って記録を破り、ミッションカテゴリーでも5位についた。

大会の参加者は完全に自分たちの可能性によって開発した、自力で飛べる、ナビゲーションとセンサー能力を持つ無人航空システムにより、前もって決められた任務を全うするために競争する。

工学の様々な分野の技術知識と経験が集まったこの大会は、その分野で世界の最も包括的な大会の1つとなっている。

 

(2018年6月18日)



注目ニュース