NASAとUberが空飛ぶタクシーに向けて協力

アメリカ航空宇宙局(NASA)とウーバー(Uber)が、空飛ぶタクシー向けの実地調査に関する合意文書に署名した。

NASAとUberが空飛ぶタクシーに向けて協力

 

NASAから出された発表で、Uberと空飛ぶタクシー向けの実地調査に関して合意が成立し、流通に利用されている無人航空機も含めた「都市エアロダイナミクス」車両向けのシュミレーションを NASAが開始すると明かされた。

発表では、合意の目的はUberのユーザーが車両を呼ぶために利用しているのと同様のシステムが小型航空機にも応用されるために共同で利用ネットワークを構築することであると明かされた。

ロサンゼルスで開催されたUberエレベート・サミットでUberが2020年に飛ばす予定の空飛ぶタクシーのプロトタイプが展示されている。

 

(2018年5月9日)



注目ニュース