フェイクニュースが拡散するスピードの方が正確なニュースよりも速いことが判明

フェイクニュース(偽ニュース)が拡散するスピードの方が速い。

フェイクニュースが拡散するスピードの方が正確なニュースよりも速いことが判明

アメリカで行われた調査で、ソーシャルメディアのユーザーの間で、フェイクニュースの方が正確なニュースよりももっと速く拡散していることが判明した。

ソーシャルメディアのツイッター(Twitter)がマサチューセッツ工科大学と行った大規模な調査の枠内で、2006年から2017年にツイッターでシェアされた何十万件ものニュースが調査された。

調査では、この時期に12万6000件のフェイクニュースがおよそ300万人の手によって拡散されており、フェイクニュースがソーシャルメディアのユーザーによってシェアされる可能性の方が70パーセント高いことが判明した。

また、正確なニュースが1500人に到達するスピードが、フェイクニュースよりも6倍遅いことが確認された。専門家は、虚偽の情報の方が速く拡散する理由は「より面白くてショッキングだから」だと述べた。

調査の結果は、学術誌「サイエンス」(Journal of Science)で公表された。

 

(2018年3月10日)



注目ニュース