史上最大の日食、8月21日に

史上最大の日食が近づいている。

史上最大の日食、8月21日に

国立太陽観測所は、8月21日に史上最大の日食が起こると発表した。

イギリスに本部を置く観測所に勤める科学者が「史上最大」と定義した日食が起こる際には、月がおよそ90分にわたり、太陽の前を塞ぐ。

完全な形で観測できるのはアメリカだけとなるこの日食は、ダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡(DKIST望遠鏡)によっても観測される。

 

(2017年7月31日)


キーワード: 日食

注目ニュース