トルコの日本語教育界の新たな幕開けから早一年、日本語・日本文化研究・応用センター1周年記念会議 明日アンカラで開催

トルコ日本語教育界の輪の中心となり和をつくる目的で2016年12月に発足した日本語・日本文化研究・応用センター(JADKAM 読み:ジャドカム)が発足1周年を迎える。

トルコの日本語教育界の新たな幕開けから早一年、日本語・日本文化研究・応用センター1周年記念会議 明日アンカラで開催

 

 

トルコ国内で日本語教育に従事する教育者や研究者が統一的な団体のもとで一丸となり活動を行うことを目的に、土日基金文化センターの傘下組織として、日本語・日本文化研究・応用センター(JADKAM)が発足し、2016年12月10日に発足記念式典が行われた。あれから早くも1年が経った。

 

日本語・日本文化研究・応用センター(JADKAM)の代表でアンカラ大学言語歴史地理学部東洋言語文学科日本語日本文学専攻のアイシェヌール・テキメン教授は、12月4日に行った書面発表で、日本語教育関係者のネットワークを広めるためのひとつの機会として、12月9日に1周年記念会議を開催することを告知した。

 

日本語・日本文化研究・応用センター(JADKAM)から日本語で発表されたプログラムによると、1周年記念会議は12月9日土曜日、トルコ時間の10時30分から13時15分まで、首都アンカラの土日基金文化センターのセミナーホールで行われる。

1周年記念会議では、土日基金文化センターのジャフェル・タイヤール・サードゥクラル理事長と、アンカラ駐在の日本の特命全権大使、宮島昭夫(みやじま あきお)大使が挨拶を行った後、日本語・日本文化研究・応用センター(JADKAM)代表のアイシェヌール・テキメン教授が「JADKAM-去年から今年にかけて」というタイトルで、日本語・日本文化研究・応用センター(JADKAM)の1年間の活動を振り返る演説を行う。

演説に続いて、2017年度日本語・日本語教育国際シンポジウム(JADEUS 2017)の活動報告、博報財団訪日研修報告、第26回アンカラ日本語弁論大会の実施報告が行われる。

今回の1周年記念会議では文化体験の一環として、日本語母語話者以外の日本語教師を対象に日本国民以外にも人気の高いおにぎり作りのイベントが企画されている。おにぎりについてのレクチャーがあった後、日本人の協力者のもとグループに分かれておにぎり作りにチャレンジし、できあがったおにぎりの出来栄えを披露する。

 

 

(2017年12月8日 文責: 浅野涼子)

 

 

 



注目ニュース