サーレヒー・イラン原子力庁長官、核合意と日本・イラン関係に見解

イラン原子力庁のアリー・アクバル・サーレヒー長官は、核合意の崩壊は予測不可能な地域的かつ世界的な結果を生むことになると発言した。

サーレヒー・イラン原子力庁長官、核合意と日本・イラン関係に見解

 

日本の共同通信社に語ったサーレヒー長官は、ベルギーの首都ブリュッセルでイランと欧州連合(EU)当局者の間で続けられている核合意や日本・イラン関係に見解を述べた。

アメリカ政権のイラン政権に対する一方的な禁輸によって日本がイランに対して警戒していると述べたサーレヒー長官は、これに対して日本政府のアメリカに対する繊細な立場を理解していると明かした。

医療物資や科学技術などアメリカの制裁から除外された分野で協力を拡大させるよう日本に呼びかけたサーレヒー長官は、次のように話した。

「日本がより独立した役割を担うのを目にしたい。日本は望めばもっと多くのことができる。アメリカがまったく関心を示していない分野があるが、日本はイランに関して必要以上に注意深く行動している」

サーレヒー長官は、アメリカの制裁にもかかわらず日本はイランと原子力の安全に関する協力を継続していると明かし、

「日本は原子力の安全面における運用をあらゆる条件で継続していくことを主張している」と述べた。

アメリカが5月に脱退した核合意の維持に向けて国際社会と続けられている会談にも言及したサーレヒー長官は、会談は前向きな雰囲気の中で進んでおり、イランをアメリカの制裁から守る決済メカニズムの実現に関して楽観的であると述べた。

核合意の崩壊の可能性にも言及したサーレヒー長官は、

「合意の崩壊の結果は、皆にとって、されにはわれわれ、国際社会、地域にとっても予測不可能である」と述べた。

 

(2018年11月29日)



注目ニュース