北朝鮮、朝鮮半島で緊張を高めていると日本を非難

北朝鮮は、朝鮮半島で緩和している緊張を高めようとしていると日本を非難した。

北朝鮮、朝鮮半島で緊張を高めていると日本を非難

 

北朝鮮の公式新聞である労働新聞(ロドン・シンムン)の報道で、北朝鮮政府が核兵器の野望を完全にあきらめるまで続けられる日本の制裁と最大の圧力に対する明白な支持が伝えられた。

報道では、日本はこの姿勢により緩和している緊張を高めようとしていると批判された。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と両国国境にある停戦地点、板門店(パンムンジョム)で4月27日に会談している。

会談後に調印された板門店宣言により、平和に向けた歴史的な決定に調印が行われたことになった。

両首脳は、朝鮮半島の核非武装化や現存する停戦状態をアメリカや中国を含めた三か国または四か国会議によって恒久的な和平合意にすることで見解が一致している。

アメリカのドナルド・トランプ大統領も数週間以内に金総書記と会談すると見られている。

 

(2018年5月8日)



注目ニュース