【串本・夢のトルコ文化交流センター】 完成に向けて着々と準備 メルジャン大使も応援

ちょっとチャイを飲みながら、トルコの文化が体験できる「夢のトルコ文化交流センター」の設立準備が着々と進んでいる。

【串本・夢のトルコ文化交流センター】 完成に向けて着々と準備 メルジャン大使も応援

【Podcast】 「夢の大島」に「夢のトルコ文化交流センター」を! 串本町トルコ文化協会が支援を呼びかけ(2017年12月11日TRT日本語ラジオオープニングより)

 

 

 

串本町トルコ文化協会の丸石恵子(まるいし けいこ)代表と会員たちが2017年12月に始めた「夢の大島」に「夢のトルコ文化交流センター」を! 運動は、あっという間にトルコ側に伝わり、支援の手を差し伸べずにはいられないトルコは、すぐに行動を開始した。

 

 

串本町トルコ文化協会が公式Facebookページで行った発表によると、1月28日に行われたトルコ共和国特命全権大使のハサン・ムラット・メルジャン大使の主催によるトルコ友好協会団体意見交換会の席で、メルジャン大使はトルコ文化交流センターの実現に向けて応援すると発言した。

 

 

メルジャン大使の発言を受け、2月4日に、東京ジャーミイでイマーム(指導者)を務めるムハンメド・ラシト・アラスさん、駐日トルコ共和国大使館のハーカン・オズデミル一等参事官、大使秘書のボアチ・ウルケルさん、日本トルコ文化経済交流支援協会のカラアガジ・ウミトさんが建物を視察に訪れた。

 

 

 

 

2月24日にはトルコの建築家ラハマン・カチさんが、建物のリノベーションのための設計図を作成しに建物を訪れ、2日間にわたり測量や調査をした。串本町トルコ文化協会の丸石代表とラハマン・カチさんは、建物のリノベーションについて意見交換をした。

 

 

 

 

一番の問題だった屋根は、2月9日に補修工事が始まり、2週間ほどで完成した。串本町トルコ文化協会は2月25日に公式Facebookページで「雨漏りの心配がなくなった」と報告している。

 

 

串本町トルコ文化協会は4月1日に、すっかりきれいになった建物の写真を公式Facebookページで公開した。

 

 

「夢の大島」に「夢のトルコ文化交流センター」を! 運動は、地元でも注目を集めており、紀伊民報でも紹介された。

 

 

これから、建物の外装と内装に関する作業が本格的に始められることが期待されている。

 

 

 

 

 

 

(2018年4月13日 文責: 浅野涼子)

 

 

 



注目ニュース