【クドゥスを守れ】 日本も立ち上がる 東京で抗議運動

アメリカのドナルド・トランプ大統領が(アメリカ、日本などの一部の国では「エルサレム」と呼ばれている)クドゥスをイスラエルの首都として宣言したのを受け、世界各地で抗議運動が行われているが、ついに日本も立ち上がった。

【クドゥスを守れ】 日本も立ち上がる 東京で抗議運動

 

 

12月15日金曜日の午後、日本の東京にあるアメリカ大使館の前に集まった日本在住のパキスタン、インドネシア、トルコの国民など約100人が「エルサレムはイスラエルの首都ではない」と英語で書かれた紙を手に、アメリカがクドゥスをイスラエルの首都であると認めたことを非難した。

 

アメリカ大使館の前で行われた抗議運動には、東京ジャーミイのイマーム(指導者)、ムハムメド・ラシト・アラスさんも参加し、抗議の演説をした。

 

日本のメディアの報道によると、抗議運動の参加者たちはトランプ大統領に抗議文を送ることも計画している。

 

 

 

メルジャン大使、日本外務省と会談

 

駐日トルコ共和国大使館が公式Facebookページで発表した情報によると、駐日トルコ共和国特命全権大使のハサン・ムラット・メルジャン大使は12月8日、クドゥスについてレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が全世界に向けて行った呼びかけについて、前駐トルコ日本国特命全権大使で日本外務省中東アフリカ局の岡浩(おか ひろし)局長と会談した。

 

 

 

(2017年12月17日 文責: 浅野涼子)

 

 

 



注目ニュース