【日本】 安倍首相 「ロシアとの平和条約締結は両国に大きな利益となる」

日本の安倍晋三(あべ しんぞう)首相が、ロシアと平和条約を締結することは、両国にとって利益となると述べた。

【日本】 安倍首相 「ロシアとの平和条約締結は両国に大きな利益となる」

 

 


日本の通信社、共同通信の報道によると北海道で街頭演説を行った安倍首相は、ロシアとの平和条約締結について、これは両国の利益となると述べた。

安倍首相は、「『北方領土』の返還は我々の悲願である。この問題を我々の世代で解決することを目指している。平和条約が結ばれたら、両国に大きな利益があることをロシア側が理解できるような状況をつくる」と述べた。

 

日本は、ロシアが第二次世界大戦後に支配下に置いた、日本では「北方領土」と呼ばれている南クリル諸島を日本に返還することを、平和条約締結の条件にしている。

日本が権利を主張したことにより、第二次世界大戦終結時に平和条約は締結されなかった。

 

 

 

(2017年10月16日月曜日)

 

 

 



注目ニュース