【北朝鮮問題】 北朝鮮が日本を威嚇 「日本に核の雲を送る」

北朝鮮は、日本が圧力を続けて行く場合、日本に「核の雲」を送ると威嚇した。

【北朝鮮問題】 北朝鮮が日本を威嚇 「日本に核の雲を送る」

 

北朝鮮国営通信社の朝鮮中央通信(KCNA)から出された発表で、「日本が北朝鮮に圧力をかけたり、朝鮮半島での緊張が高められることは、日本列島に核の雲をもたらす自殺行為である。状況がいつ核戦争に転じるかは誰にも分からない。しかし核戦争の導火線に火がつけば、これは瞬く間に日本列島で爆発するであろう」と述べた。

日本の安倍晋三首相は、先月(9月)国連総会で演説した際に、北朝鮮政府への圧力を強めるよう国際社会に求めている。

安倍首相は、

「北朝鮮に核プログラムや弾道ミサイルプログラムをすべて完全に不可逆的な方法で放棄させなければならない。必要なのは対話ではなく圧力である」と述べている。

朝鮮半島の状況は、北朝鮮の一連の核実験や弾道ミサイル実験を受けて緊張が高まっている。

北朝鮮は最後に9月15日に弾道ミサイル実験を行っており、ミサイルは20分後に太平洋に落下する前に日本の上空を飛んでいる。

国連安全保障理事会は9月11日に、これまでで最も厳しい対北朝鮮制裁一括案を発表している。

第2375法案は、北朝鮮への石油輸出を制限し、北朝鮮製の繊維製品輸入を禁止している。

 

(2017年10月4日)


キーワード: 安倍晋三 , 日本 , 北朝鮮

注目ニュース