【日本】 下院(衆議院)解散、総選挙へ

安倍晋三(あべ しんぞう)首相が「解散、総選挙を行う」と9月25日に宣言した通り、9月28日、日本の下院(衆議院)が解散した。

【日本】 下院(衆議院)解散、総選挙へ

 

 

 

日本時間の12時(トルコ時間の6時)に行われた下院(衆議院)の臨時総会の冒頭で、大島理森(おおしま ただもり)議長が「日本国憲法第7条により衆議院を解散する」と、今上天皇が発した公文書「解散詔書」を読み上げ、下院(衆議院)は解散した。大島議長が「解散詔書」を読み上げると、出席していた議員たちは万歳三唱した。

 

安倍首相は、今回の解散を「国難突破解散」であると位置づけた。

 

民進党や共産党などの野党は、「臨時総会の冒頭で下院(衆議院)を解散するのは認められない」と主張し、欠席した。

 

 この後、日本政府は臨時閣議を開き、下院総選挙(衆議院総選挙)の日程を決める予定である。下院総選挙(衆議院総選挙)の日程は、10月10日公示、10月22日投票となることが有力視されている。

 

 

下院(衆議院)が解散し事実上の選挙戦がスタートした日本では、日本の風俗店の名称から「トルコ」の名前をなくすことを訴えたトルコ人男性の力となったり、地中海地方ハタイ県にシリアの子どもたちのための「ハタイ・さくら小学校」の設立に協力したりなど、トルコと日本の友好にも大きく貢献したことで知られる東京の小池百合子(こいけ ゆりこ)知事が下院(衆議院)解散を目前に新しい政党「希望の党」を結成し、代表に就任したことが大きな話題となっており、小池知事が「選挙に出馬するか否か」「都知事の任期をまっとうするか否か」に日本国民中の目が集まっている。小池知事は、「国政に戻るのではないかとにぎわっているが、都政でしっかり頑張りたい」と発言し、選挙への出馬を否定している。

 

 

 

(2017年9月28日 文責: 浅野 涼子)

 

 

 



注目ニュース