【日本】 長崎原爆投下から72年

72年前にアメリカが日本の長崎に原爆を投下した結果死亡した7万人の人々の追悼式が行われた。

【日本】 長崎原爆投下から72年

日本の安倍晋三首相と核爆弾攻撃の犠牲者の近親者が、長崎の平和公園で一同に会した。

式典では、攻撃が行われた時刻である11:02(日本時間)に鐘が鳴り、何千人もの人々が黙祷を捧げた。

黙祷の後に安倍首相は演壇に上り、世界から核兵器を一掃する決意を繰り返した。

長崎の田上富久市長も、

「核兵器が近い将来再び使用されることに関する強い懸念が全世界に広まっている。長崎は、原爆に晒された最後の地となるべきだ。」と語った。

アメリカが1945年8月6日に広島に投下した最初の原爆では14万人が、8月9日に長崎に投下した原爆でも7万人以上の人々が死亡した。

長崎への原爆投下により日本は降伏を余儀なくされ、第二次世界大戦は終了した。

 

(2017年8月9日)


キーワード: 原爆投下 , 長崎

注目ニュース