【G20ハンブルクサミット2017】 日本の安倍首相の訪問日程が発表される 6か国訪問へ

7月7日と8日にドイツのハンブルクで開催されるG20(20カ国・地域)サミットに出席する日本の安倍晋三首相の訪問日程と訪問国が発表された。

【G20ハンブルクサミット2017】 日本の安倍首相の訪問日程が発表される 6か国訪問へ

 

 

 

菅義偉(すが よしひで)官房長官は、7月4日午後(日本時間)の記者会見で、安倍首相が7月5日から7月12日まで、ベルギー、ドイツ、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、エストニアの6か国を訪問すると発表した。

 

 

ベルギーでは、ベルギーのシャルル・ミシェル首相と首脳夕食会を行うほか、日本・欧州連合(EU)首脳協議への出席、北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長の会談の予定が入っている。

 

 

今回のヨーロッパ訪問のメインであるドイツでは、7月7日と8日にハンブルクで開催されるG20サミットに出席する。

 

菅官房長官はG20サミット開催にあたり、「世界経済の持続的な成長の実現に向け、首脳間で率直な意見交換を行うとともに、各国首脳と積極的な首脳外交を展開し、北朝鮮問題を始めとする主要な課題について日本としての考えかたを訴えていきたい」と述べた。

安倍首相は、G20サミット開催期間中にロシアのウラジーミル・プーチン大統領、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と個別に二者会談を行う。アメリカのドナルド・トランプ大統領と韓国のムン(文)大統領とは三者会談を行う。菅官房長官は、三者会談について「緊密な連携を確認したい」と述べた。

 

また、安倍首相と中国の中国のシー・ジンピン(習近平)国家主席との二者会談も調整中であることが菅官房長官から伝えられた。

 

 

今回のG20サミットへの出席に合わせて訪問が決まった北欧のスウェーデン、フィンランド、デンマークとバルト三国のひとつエストニアを安倍首相が訪問するのは初めてである。

 

菅官房長官は、「今回のヨーロッパ諸国への訪問を通じて、日本とヨーロッパとの関係、国際社会が直面する課題などについて率直な意見交換を行って、日本と強く結束したヨーロッパが連携して、世界の平和と繁栄に貢献していくことを確認したい。」と述べた。

 

 

 

 

(2017年7月4日 文責: 浅野涼子)

 

 

 



注目ニュース