「トルコ・ユーラシア協議事項」 第38回

トルコのエルドアン大統領は、少し以前にカザフスタンを公式訪問しました。

「トルコ・ユーラシア協議事項」 第38回

私たちも今回、この訪問と、トルコ・カザフスタンの関係を分析します。

トルコのレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、9月8日にイスラム協力機構第1回科学技術会議に参加するために、カザフスタンを訪問しました。エルドアン大統領は、会議の前にカザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領と会談しました。両首脳は、会談でフェトフッラー派テロ組織やDEASH(ISIL)などのテロ組織との戦いや、経済分野での協力、投資の拡大などの話題に集中しました。

トルコとカザフスタンの関係は、上級レベルです。トルコはカザフスタンの独立を承認した最初の国家でした。トルコとカザフスタンの政治関係が達したレベルと同時に、カザフスタンは、トルコのユーラシアにおける最も重要な政治的・経済的パートナーとなりました。両国の関係の状況は、2009年にナザルバエフ大統領がトルコを訪問した際の戦略的協力協定の締結によって明確になりました。こうして両国の関係は、友好関係とともに「戦略的協力関係」のレベルに達しました。トルコとカザフスタンの関係で特に最近大きな動きが見られます。これには、カザフスタンが外交政策においてより活動的になり、国連安全保障理事会の非常任理事国などのように、大きな任務を追っていることにもよります。

本部がイスタンブールにある「トルコ評議会」、本部がアゼルバイジャンにある「トルコ系言語を話す諸国議会」、本部がトルコにある「国際トルコ文化機構」などの国際機構は、文化的・政治的分野で加盟国同士の関係を制度的な枠内で強化しています。トルコとカザフスタンの関係は、経済面のほか、これらの機構の活動も含んでいます。

トルコとカザフスタンの間には、強力な軍事関係と防衛技術分野の協力体制があります。トルコは、カザフスタン軍に将校育成に関連して大きな支援を行っています。トルコの防衛産業分野で先端を行く企業は、カザフスタンの防衛産業施設を開発するために活動しています。数年前に「カザフスタン・アセルサン」の工場が開設されたことも、軍事分野で踏まれた重要な一歩です。

トルコとカザフスタンの間には、数百万ドルからの貿易関係があり、今日では40億ドル(約4400億円)のレベルにあります。もちろんこれは十分ではありません。100億ドル(約1兆1000億円)のレベルに達することが、両国の中期的目標です。この目標の前にある最大の障害の1つは、トルコとカザフスタンの間に直接の物流的な接合経路がないことです。この問題を超えるために計画されている代替の方法やアイデアが実現すれば、貿易関係はさらに発展します。エルドアン大統領は、カザフスタン訪問の際に行った発表で、短期的な貿易額の目標は50億ドル(約5500億円)だと示しました。この内容で、経済関係と政治関係をさらに発展させるために、「共同事業活動計画」「新シナジー共同経済計画」「2017-2020活動計画プロトコル」「第10回トルコ・カザフスタン混合経済委員会会議プロトコル」などの協定が結ばれました。トルコ企業とカザフスタン企業の間で、およそ6億ドル(約660億円)に相当する協定が結ばれました。9月8日に行われた会談で、ナザルバエフ大統領は、運輸業の重要性と発展の必要性に言及するために、「トルコとカザフスタンは、今日も東西の架け橋としての役割を担い続けている。トルコが、インフラが開発され、大きな重要性を持つ通過地点にある国であることは、誰もが知る事実だ。それを視野に入れてトルコを、カザフスタンの運輸業の可能性をともに発展させていこうと招いた。」と述べました。

トルコは東洋の最西端にあり、西洋の最東端にあります。なので、アジアとヨーロッパに直接開かれた扉という性質を持ちます。カザフスタンは、ユーラシア経済連合の加盟国であり、ロシアと中国という2大国と国境を接しています。カザフスタンはトルコに、様々な市場により簡単に進出する機会をもたらすことができます。なので、トルコとカザフスタンの間に交通回廊が開設されることが、二国関係の発展と地域的協力のサポートのために重要となってきます。

今日トルコとカザフスタンは、2つの異なる国家ですが、民族は同じです。この点で、エルドアン大統領とナザルバエフ大統領は、両国とトルコ系諸国にとって大きな機会をもたらすでしょう。エルドアン大統領とナザルバエフ大統領は、人々の中から大統領になり、人々が味わう困難を経験してきた過去を持ちます。このことは、両首脳において、トルコ系諸国にとって必要なことや期待を正確に把握し、効果的な解決策を講じることにおいて有益です。トルコとカザフスタンの友好関係は、そのエネルギーを共通の歴史と文化的な繋がりから得ています。相互の利益と相互への敬意をもとに、トルコとカザフスタンの関係は、今後もさらに強化されるでしょう。

アタテュルク大学国際関係学部ジェミル・ドアチ・イペク博士の見解をお伝えしました。



注目ニュース