「世界のスポーツ」 第17回

ユーロリーグのプレーオフシリーズの最初の試合に、トルコのバスケットボールチームが衝撃を与えました。

「世界のスポーツ」 第17回

フェネルバフチェ、アナドル・エフェス、ダリュシュシャファカ・ドウシュがプレーオフの冒険に好スタートを切りました。まずフェネルバフチェのパナシナイコスへの勝利がバスケットボール界の注目を集めました。今シーズン1度負けを喫し、11年間にわたってホームでトルコのチームに負けたことのないパナシナイコスは、フェネルバフチェの前に2試合とも敗北し、ホームの優位性を役立てられませんでした。フェネルバフチェは71-58と81-75のスコアで勝利した試合により、プレーオフシリーズで2-0と優位になりました。プレーオフシリーズのもう2つのトルコのチームのうちアナドル・エフェスはアウェー戦で、最初の試合で87-72で負けた相手のオリンピアコスに第2試合で接戦で73-71で勝利して、シリーズで1-1となり、イスタンブールで行われる2試合にとって重要なステップを踏みました。ダリュシュシャファカ・ドウシュはシーズンのトップでファイナルフォーの強力なチームとみられているレアルマドリードに対し、最初の試合に83-75で敗北しました。第2試合はレアルマドリードにとってサプライズとなりました。レアルマドリードがダリュシュシャファカに84-80で負けるとシリーズの状況は1-1となりました。アナドル・エフェスとダリュシュシャファカ・ドウシュは、4月26日水曜日と4月28日金曜日に行われる2試合に勝利すれば、ファイナルフォーに残ります。トルコの3チームともにファイナルフォーに残れば、初めて同じ国から3つのチームがファイナルに残ることになります。

プレーオフシリーズの他のチームの試合では、CSKAモスクワが、バスコニアに2試合ともに勝利して2-0と優位になりました。

ファイナルフォーの試合は、5月19日から5月21日にイスタンブールで行われます。

テニスを見てみると、ナダルがかつての日々に戻った一方、マリーとワウリンカがテニスファンをがっかりさせています。モンテ・カルロ・マスターズ1000でマリーとワウリンカが準々決勝にさえ進出しなかった一方、ナダルはチャンピオンとなりました。決勝戦でアルベルト・ラモス・ビノラスに6-1と6-3のセットで勝利したナダルは、モンテ・カルロ・マスターズで10度目の優勝を飾った初のテニス選手となりました。

ナダルを待ち受けていたサプライズは、自分の国からの歓迎でした。ATPバルセロナオーガナイザーは、センターコートの名前を「ラファエル・ナダル・コート」に変えることを決定しました。

イタリアは交通事故で死亡した自転車競技選手のために涙を流しています。イタリアの有名な自転車競技選手のミケーレ・スカルポーニは、トレーニングをしている最中にトラックに衝突した結果、そこで亡くなりました。37歳のスカルポーニは、2011年にジロ・デ・イタリアで優勝していました。ツアー・オブ・アルプの最初のステージを首位で飾っていました。

タイガー・ウッズは、世界で最も有名で最も多くの優勝を飾ってきた14大会のチャンピオン歴を持つゴルフ選手です。ウッズは最近故障に悩んでいます。背中の手術を受けたウッズは、「健康状態に関し長い間背中と足の痛みが治るのを待っている。背中の手術はうまくいった。痛みと筋収縮が治ってからのこれからを楽しみにしている。」という書面の発表を行いました。ウッズは多くの大会に参加できなかったため、世界ランキングで上位500を下回ってしまいました。

自動車競技のアメリカグランプリは大いに熱狂しました。モータースポーツのこの最も重要な競技をロマーノ・フェナティが首位で飾り、ホルヘ・マルティンが2位、ファビオ・ディ・ジャンアントニオが3位になりました。

世界のトップ10に入っているイスタンブール・ハーフマラソンには32人の選手が参加すると発表されました。4月30日に行われるハーフマラソンは初めて「ゴールドカテゴリー」で行われます。男子22人と女子10人が競うハーフマラソンには7000人のスポーツファンが参加すると予想されています。イェニカプ集会所でスタートする21キロメートルのハーフマラソンは、エユップとフェスハーネを回ってイェニカプで終わります。今年はクオーターマラソンとビジネスカテゴリーでも大会が行われます。


キーワード: 世界のスポーツ

注目ニュース