「世界のスポーツ 第13回」

モータースポーツの熱狂が始まりました。

「世界のスポーツ 第13回」

何百万人もの関心を引くフォーミュラ1とオートバイのシーズンの最初の競技を、スポーツファンは、今か今かと待っていました。オーストラリアのフォーミュラ1、カタールのMoto GP世界選手権の最初のレースでは、息を呑むような競技が行われました。2017年のフォーミュラ1は、シーズン最初の競技ではドイツ人ドライバーのセバスチャン・ベッテルが勝利しました。オーストラリアのメルボルンでは5303メートルのサーキットで、54周行われる競技で、いっとき1位で競技を開始したルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの後ろだったベッテルは、23周目にその前に躍り出て、ハミルトンとの差を6秒に広げました。54周の競技は、1時間24分11秒672の記録でベッテルの首位に終わりました。ベッテルのキャリアでは、43度目の優勝となり、これより前にベッテルが首位になったのは、2015年のシーズンのシンガポールでの競技でした。フォーミュラ1の最初の競技の終わりに、セバスチャン・ベッテルは25点、2位のルイス・ハミルトンは18点、バルテリ・ボッタスは15点を獲得しました。

フォーミュラ1の第2試合は、4月9日に中国で開催されます。

モータースポーツのもう1つの熱狂の地はカタールでした。Moto GP世界選手権の最初のレースはルサリの都市で行われました。スペイン人ドライバーのマーベリック・ビニャーレスが首位になりました。5.4キロメートルのサーキットで22周行われた競技は、ビニャーレスが38分59秒999で首位に終わりました。

競技ではアンドレア・ドヴィツィオーゾが2位、バレンティーノ・ロッシが3位につきました。

オートバイレースの最も重要な競技であるMoto GPの第2試合は4月9日にアルゼンチンで開催されます。

サッカーワールドカップの頂点とその頂点に立つために、各チームはまず予選を勝ち抜き、決勝進出を果たそうと奮闘しています。ワールドカップ・ヨーロッパ予選グループでは各チームは5節の試合を終了しました。

9グループで行われた試合の結果、グループAではフランスとスウェーデンが1位と2位についています。グループBではスイスとポルトガル、グループCではドイツと北アイルランド、グループDではセルビアとアイルランドが1位と2位についています。グループFではイングランドとスロバキア、グループGではイタリアとスペインが決勝に近い2つのチームです。グループHではベルギーとギリシャが1位と2位についており、ボスニア・ヘルツェゴビナは2位以内につくためのチャンスを得るのが難しくなっています。グループIではクロアチア、アイスランド、ウクライナ、そしてトルコの点数の差は次第に縮まりました。1位と2位を予測するのは難しくなっています。2018年にロシアで開催されるワールドカップの決勝戦にはグループのトップ以外に、最も優秀な8チームに入る2位のチームの間で行われるプレーオフの試合の結果、4つのチームが参加します。

サッカーの話を続けましょう。イングランドの人気のあるチーム、アーセナルはリーグ戦で苦戦し、監督のアーセン・ベンゲルについての議論が起こっています。ここ最近の9試合のうち6試合で敗北したアーセナルのサポーターはベンゲルに反発を示しており、運営局側から契約を2年間延長する申し出を受けたベンゲルは、今まだ返事をしていません。アーセナルのアメリカ人オーナーのスタン・クロエンケ氏の息子ジョッシュ氏は、アーセナルの元選手ティエリ・アンリをチームの監督にしようとしました。アンリは自分が監督になるという主張を拒否し、「このことは私とは繋がりがない。この件には敬意を払うべき部分がある。ベンゲル氏の代わりの候補として私が挙がっており、そうされたことには敬意を払う。それでも、その準備ができているかどうか自分でもわからない。監督の仕事を覚えなければならず、自分は十分な経験がない。」と述べました。ティエリ・アンリは、アーセナルに所属していた時代に228のゴールを入れており、クラブの歴史の中で重要な地位を占めています。


キーワード: 世界のスポーツ

注目ニュース