【写真ギャラリー】 3年C組「トムビ」組 猫と児童が一緒に勉強

猫のトムビと3年C組の児童たち |

猫のトムビと3年C組の児童たち

 

 

 

イズミル県バイラクル区にある小学校の3年生の児童たちが飼っていた「トムビ」という名前の猫は、猫が教室にいることを快く思わないたったひとりの保護者により、一度は教室を去ることを余儀なくされたが、トムビを愛してやまない担任教師と児童たちの熱意がかない、日本で「猫の日」として祝福される2月22日、再び教室に戻ることができた。

トムビの効果は絶大で、児童たちは熱心に勉強するようになったと言う。

 

 

 

(2018年2月22日 文責:浅野 涼子)

 

 

 

 


キーワード: