【カンタンな にほんごの ニュース】 FIFAのインファンティーノ会長が「ビデオ判定システムはいいシステムだ」と言った

国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、2016年FIFAクラブワールドカップで初めて使われたビデオ判定システムはいいと言いました。

【カンタンな にほんごの ニュース】 FIFAのインファンティーノ会長が「ビデオ判定システムはいいシステムだ」と言った

 

 

【カンタンな にほんごの ニュース】 FIFAのインファンティーノ会長が「ビデオ判定システムはいいシステムだ」と言った

国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、2016年FIFAクラブワールドカップで初めて使われたビデオ判定システムはいいと言いました。

12月14日のFIFAクラブワールドカップの準決勝、アトレティコ・ナシオナル対鹿島アントラーズの試合で、主審が見ていないところで、アトレティコ・ナシオナルの選手が鹿島アントラーズの西選手を倒しました。でも、ビデオアシスタントレフェリー(VARs)は見ていました。そして、PKになりました。

日本の横浜市で記者会見をしたインファンティーノ会長は、FIFAクラブワールドカップで初めて使われたビデオ判定システムのスタートはあまりよくなかったが、いいシステムだと話しました。

インファンティーノ会長は、選手や監督から賛成と反対の意見が来ていると言いました。

インファンティーノ会長は、「もちろん、勉強しなければならないこと、見なければならないこと、もっとくわしく話し合わなければならないことがいくつかある。でも、結果は最高にポジティブだ。どうしてか? それは、審判が正しく判定できるように、試合をフェアで透明にするからだ。」と話しました。

(2016年12月18日日曜日)



注目ニュース