【カンタンな にほんごの ニュース】 世界の国からパリに行く人の数が少なくなった

【カンタンな にほんごの ニュース】 せかいの くにから パリに いく ひとの かずが すくなくなった

【カンタンな にほんごの ニュース】 世界の国からパリに行く人の数が少なくなった

 

世界の国からパリに行く人の数が少なくなりました。

フランスの首都パリに行く人の数は観光客の数は、2015年11月13日にパリでテロがあった後、180万人減りました。

パリ市観光局のフレデリック・ヴァルト局長は、

「今年2016年1月1日から10月31日の間にパリに来た外国人の数は、2015年の1月1日から10月31日より180万人減りました。

昨年パリに来た外国人の数は、4700万人でした。昨年の1月から10月までに比べて8.1パーセント減りました。」と話しました。

ヴァルト局長によりますと、特に日本人と中国人がパリに興味がなくなってきたそうです。ヴァルト局長は、

「昨年に比べて日本人は39パーセント、中国人は23パーセント、ドイツ人は10パーセント減りました。」と話しました。

ヴァルト局長は、「パリに来る外国人の数が減って、今10億ユーロ(日本円で約1140億円)のダメージになりました。パリに外国人が来ないことが続けば、このダメージは15億ユーロ(日本円で約1720億円)になるでしょう。」と話しました。

 

 

(2016年11月6日)

 

 



注目ニュース