農業部門の輸出が過去5年間で伸び

農業向けの包括的なインセンティブや提供された利便性が輸出統計にも反映された。農業部門で過去5年間に行われた輸出が1073億2000万ドル(日本円で約12兆円)に達した。

農業部門の輸出が過去5年間で伸び

 

トルコが農業部門で行った輸出は昨年(2018年)、前年(2017年)と比べて6.6パーセントの伸びを示した。

昨年農業部門で最も多く輸出が行われたのは、36億3446万4000ドル(日本円で約3937億円)でイラクであった。15億2594万1000ドル(日本円で約1653億円)でドイツ、10億545万9000ドル(日本円で約1089億円)でアメリカがイラクに続いた。

過去5年間に植物性製品の輸出は744億1506万7000ドル(日本円で約8兆円)に達した。同時期に動物性製品の輸出は107億5205万ドル(日本円で約1兆円)、木材および林産物の輸出は221億5331万9000ドル(日本円で約2兆円)に達した。

当該の時期を下位部門ベースで調べてみると、66億8886万3000ドル(日本円で約7245億円)で穀類・豆類・油料種子および関連製品で最も多く輸出が行われ、50億1461万3000ドル(日本円で約5435億円)で家具・紙・林産物製品、25億1389万3000ドル(日本円で約2724億円)で水製品・動物性製品がこれに続いた。

 

(2019年1月10日)


キーワード: ドイツ , アメリカ , イラク , 輸出 , 農業

注目ニュース