宝飾品の輸出が2018年に増加

トルコの宝飾品の輸出は昨年(2018年)、2017年と比べて35パーセント増加して44億1046万1204ドル(日本円で約4776億円)となった。

宝飾品の輸出が2018年に増加

 

これによると、2018年1月1日から12月31日に行われた宝飾品の輸出は、前年(2017年)と比べて35パーセント増加して44億1046万1204ドルとなった。

宝飾品の輸出の48パーセントは未加工または半加工の金、44パーセントは金細工宝飾品、3パーセントはダイヤモンド付き金細工宝飾品およびアクセサリー、2パーセントは銀細工宝飾品、1パーセントは貴金属および貴金属でコーティングされた金属の廃棄物や残留物、1パーセントは天然真珠または養殖真珠の貴石・半貴石およびそれを使った加工品から成っている。

昨年行われた輸出の中で最大のシェアを占めたのは、28パーセントのシェアと12億3400万ドル(日本円で約1336億円)で欧州連合(EU)諸国であった。25パーセントのシェアと10億9400万ドル(日本円で約1185億円)でそのほかの欧州諸国、23パーセントのシェアと10億2200万ドル(日本円で約1107億円)で中近東、4億4100万ドル(日本円で約478億円)でアジア、3億1300万ドル(日本円で約339億円)で北米、1億5500万ドル(日本円で約168億円)で北アフリカ諸国がEU諸国に続いた。

 

(2019年1月10日)


キーワード: 輸出 , 宝飾品

注目ニュース