トルコ・イラン・ロシア 米ドルを無効、自国の通貨で取り引きへ

イラン・イスラム共和国中央銀行のアブドルナセル・ヘンマティ総裁が、トルコとロシアとイランは自国の通貨で取り引きをすることで合意したと述べた。

トルコ・イラン・ロシア 米ドルを無効、自国の通貨で取り引きへ

 

 

イラン・イスラム共和国中央銀行のヘンマティ総裁は、近いうちにトルコ共和国中央銀行とロシア連邦中央銀行の幹部が集まり、合意内容が素早く実行に移されることを願っていると述べた。

イランの首都テヘランで、9月7日に開催された、シリア問題に関する3か国首脳会合で、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領の出席により有意義な話し合いが行われたとコメントしたヘンマティ総裁は、石油、ガス、基礎製品の取り引きと銀行取り引きについて折り合いがついたと述べた。

ヘンマティ総裁は、トルコとロシアとイランは3か国ともドルを無効にすることで合意し、自国の通貨で、決められたレートで貿易や取り引きを行うと述べた。

 

 

 

(2018年9月9日日曜日)

 

 

 



注目ニュース