中国アフリカ協力フォーラム会議が北京で開催

中国の首都北京で、アフリカ諸国50か国以上の代表者たちが出席する2018年中国アフリカ協力フォーラム会議が開催されている。

中国アフリカ協力フォーラム会議が北京で開催

国立議会センターで始まった2日間の会議で、12億人の人口を抱えるアフリカ大陸と、13億人の人口を抱える中国の指導者たちが一堂に会している。

会議には、国連とアフリカ連合などの国際機関や地域機関の代表者たちも出席している。

会議では、歴史あるシルクロードの再興を目指す一帯一路プロジェクトについても協議が行われる予定である。

中国政府の重要な外交行事とされるこの会議で、中国とアフリカ諸国の間の包括的で戦略的なパートナーシップの発展が目指されている。

中国は、アフリカにおけるエネルギー、インフラ、交通、教育などの多くの分野に関心を抱いている。

ここ9年間でアフリカ最大の貿易相手となった中国とアフリカ諸国の間の貿易額は、昨年以降1700億ドル(約18兆7479億円)に達した。

 

(2018年9月3日)


キーワード: 北京 , アフリカ , 中国

注目ニュース