ペキジャン商業相、貿易の新ロードマップを発表

商業省のルフサル・ペキジャン大臣が、輸出攻撃は続くと表明した。

ペキジャン商業相、貿易の新ロードマップを発表

 

 

 

効果的かつ国ごとに対応した戦略で新市場を開拓していくと表明したペキジャン大臣は、「これにおいて、中国、ラテンアメリカ諸国、インド、アフリカ諸国など、可能性のある市場に目を向ける。この地域の消費者たちに『Made in Turkey(メイド・イン・ターキー)』の文字を見てもらいたい」と話した。

中東地域と北アフリカ地域での投資と貿易の機会を注視していると述べたペキジャン大臣は、「トルコの企業のこの地域への進出が成功するよう支援する。また、貿易額を増やすために、可能性のある市場に貿易センターを新たに35か所設置する」と話した。

新たな時代に、貿易のデジタル化やオンライントレードを優先的に行っていくと表明したペキジャン大臣は、オンライントレードの対象となる製品について、「トルコ製」のイメージを守るための対策も強化すると強く述べた。

 

 

 

(2018年8月5日日曜日)

 

 

 

 



注目ニュース