トルコ、金準備で世界第10位を達成

トルコは、564.8トンの金準備を保有したことにより、インドを抜き世界金準備上位10か国入りを果たした。

トルコ、金準備で世界第10位を達成

 

 

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)のデータによると、2018年2月現在、8133トンの金準備があるアメリカが金準備世界1位の座を守り続けている。

アメリカの後を、ドイツ(3373トン)とイタリア(2451トン)が追っている。

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)のデータによると、トルコは2011年9月に116.1トンの金準備を保有していたが、トルコ中央銀行が2011年10月に、所要準備として預け入れることが義務付けられているトルコリラの10パーセントを金にすることを可能にしたことから、2011年の第4四半期より金準備が増加した。

世界金準備のランキングで長い間上位15位内にとどまっていたトルコは、トルコ中央銀行の金準備が最近飛躍的に増えたことにより、今月(2018年2月)、インドを抜いた。

2018年2月現在の金準備が564.8トンに達したトルコは、こうして、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)によるランキングで、国際通貨基金を除くと世界10位にランクインした。

 

 

 

(2018年2月7日水曜日)



注目ニュース