ロシアへのトマトの輸出が始まった

ロシアへのトマト輸出の制限が解除されたのを受けて、ロシアへの初のトマト出荷がイズミル県ベルガマ区から行われた。

ロシアへのトマトの輸出が始まった

 

 


世界最大の温室ハウスのひとつ、ベルガマ区のアグロバイ温室ハウスで収穫されたトマトがトラックに載せられ、ロシアのサンクトペテルブルクに送られた。

ロシアトップの小売りチェーンに送られたトマトは、全国750のスーパーに並べられる。

アグロバイ温室栽培取締役のアルズ・シェントゥルク氏は、ロシアと今年(2017年)5000トンで合意したが、価格志向でこれを7000トンに引き上げることが可能だと話した。

シェントゥルク氏は、ロシアのほか、中東やアメリカなどの市場でも伸びる可能性があると話した。

 

 

 

(2017年11月10日金曜日)

 

 

 



注目ニュース