トルコ、雇用数でヨーロッパチャンピオン

トルコは2012年から2016年の5年間で約238万4000人に仕事の機会を提供し、ヨーロッパで最大の雇用を確保した国になった。

トルコ、雇用数でヨーロッパチャンピオン

 

 

トルコで、2012年に約2482万1000人が雇用された。

この数は毎年連続して増加した。

2016年の雇用数は2700万205人で、この5年間で生み出された雇用数は約238万4000人になった。

この期間におけるトルコの雇用数は欧州連合(EU)諸国を上回っている。

トルコの次に雇用数が多いのはイギリスで2103万1000人だった。

ルーマニア、ギリシャ、フィンランドは雇用数が減った。

 

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が2017年のはじめに開始した雇用促進の呼びかけにより、急速に雇用が進んだ。

2017年7月末の時点での雇用数は、2016年7月末の時点に比べ112万2000人増え、2875万8000人に達した。

この数を含めると、トルコが2012年以降に生み出した雇用数は393万7000人になる。

 

 

 

(2017年10月17日火曜日)

 

 

 



注目ニュース