ロシアへのトマト輸出問題解決の日は近い

ロシアへのトマト輸出問題解決の日は近い。

ロシアへのトマト輸出問題解決の日は近い

 

 

 

モスクワ駐在のトルコのヒュセイン・ディリオズ大使は、ロシアとトルコは、エネルギー分野をはじめ、観光分野や建設分野において、実のある活動を続けていると述べた。

農業分野においては、禁止されていた事項のほとんどが解除されたと述べたディリオズ大使は、ロシアのアルカジー・ドヴォルコーヴィチ副首相がトルコからトマトを再び購入することについて、「トマトの輸出は、政治問題ではなくなり、技術レベルで解決することができる状態になった。ロシアは自分の国のトマトを栽培するために適用した制裁があるが、これは国外からトマトを購入しないという意味にはならない。トルコから再び輸入する。市場の条件が少しずつ開かれる」と述べた。

 

ロシアのドヴォルコーヴィチ副首相は、10月4日に行った会見で、ロシア農業省が政府にトルコからのトマトの輸入を年間6万トンまで認めるよう提案したと発表している。

 

 

 

(2017年10月6日金曜日)

 

 

 



注目ニュース