ロシア・ガスプロム社長とブルガリア・エネルギー大臣、トルコストリームについて協議

ブルガリアのテメヌシュカ・ぺトコワ・エネルギー大臣とロシアのエネルギー大手企業ガスプロムのアレクセイ・ミレル代表取締役社長(CEO)が、トルコストリーム天然ガスパイプラインによるガス輸送について話し合った。

ロシア・ガスプロム社長とブルガリア・エネルギー大臣、トルコストリームについて協議

ガスプロムから行われた発表によれば、ミレル社長とぺトコワ大臣は、ロシアとブルガリアのエネルギー分野の協力活動について話し合った。

発表では、

「両当事者は、特にロシアのガスの、ブルガリアへの輸送と、トルコストリームの建設の枠内で、ロシアのガスを、ブルガリアを通じてヨーロッパへ輸送する件について重点的に話し合った。」と伝えられた、

南部ストリームプロジェクトによりロシアのガスをヨーロッパに輸送する計画を立てていたブルガリアは、プロジェクトが保留となったことで、この計画を実現できていない。

ロシアは、トルコストリームの建設とともに、ブルガリアを通じてヨーロッパにガスを輸送する計画を立てている。

 

(2017年9月27日)



注目ニュース