トルコ、風力エネルギーで欧州第4位

トルコは、1-6月期に電気回路に取り込んだ377メガワットの設備容量により、風力エネルギーで欧州第4位となった。

トルコ、風力エネルギーで欧州第4位

 

欧州風力エネルギー協会(WindEurope)から行われた発表によると、欧州では今年(2017年)最初の6か月間に合計6100メガワットの風力容量がシステムに組み込まれた。

この時期に2200メガワットの風力容量を処理してドイツが欧州第1位となったとされた発表では、

「1200メガワットでイギリスが欧州第2位、492メガワットでフランスが欧州第3位となった。トルコは2017年前半にシステムに組み入れた377メガワットの風力エネルギー容量で、設備力の観点から欧州第4位となった」と述べられた。

また、当該の時期に洋上(オフショア)風力発電所では、合計1300メガワットの容量が電気回路に取り込まれたと強調された。

発表では、今年前半の風力エネルギー投資は、昨年(2016年)同期と比べて57億ユーロ(約7445億円)減少して83億ユーロ(約1兆841億円)に後退したと述べられたが、このうち29億ユーロ(約3788億円)はオンショア(陸上)風力発電所に、54億ユーロ(約7054億円)がオフショア風力発電所に投資が行われたと報告された。

 

(2017年8月7日)



注目ニュース