G7をも超えたトルコの経済 世界平均を大きく上回る成長率

トルコの経済は、世界平均以上に成長した。

G7をも超えたトルコの経済 世界平均を大きく上回る成長率

 

 


トルコは、2017年第1四半期において国内総生産(GDP)の成長率5パーセントを記録し、欧州連合(EU)加盟国のうちの23か国のみならず、経済協力開発機構(OECD)と先進7か国(G7)の平均成長率も超えるという快挙を成し遂げた。

 

28か国が加盟しているEUの2017年第1四半期の成長率の平均は2.1パーセント、共通通貨ユーロ圏(19か国)の成長率は1.9パーセントだった。

同時期トルコは5パーセントの成長を遂げ、EU地域よりも高いパフォーマンスを示した。

 

トルコ経済は、2017年第1四半期の成長率により、先進7か国(G7)よりも急速に成長した。

2017年第1四半期の先進7か国(G7)の平均成長率は1.8パーセントと算出された。

先進7か国(G7)各国の成長率は高い順から、カナダ(2.3パーセント)、アメリカ(2パーセント)、イギリス(2パーセント)。ドイツ(1.7パーセント)、日本(1.3パーセント)、イタリア(1.2パーセント)、フランス(1パーセント)となっている。

 

経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均成長率は、2パーセントと算出された。

 

 

 

(2017年6月12日月曜日)

 

 

 



注目ニュース