【海外メディアの見出し】 2019年1月11日

アル・ハヤート紙 アルクドゥス・アルアラビ紙 プレンサ・ラティーナ通信 クラリン紙 エル・ムンド紙 ル・モンド紙 リベラシオン紙 フィガロ紙 イタルタス通信 RIAノーボスチ インテルファックス通信 ビルト紙 シュピーゲル・オンライン ドイツ公共放送連盟(ARD) ハンデルスブラット紙 フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙 時事通信社 産経新聞 共同通信社

【海外メディアの見出し】 2019年1月11日

 

アル・ハヤート紙(レバノン) 「アメリカのドナルド・トランプ大統領、非常事態を宣言すると威嚇」

アルクドゥス・アルアラビ紙(イギリス発行のアラブ紙) 「チュニジアの元大臣、一部議員のトルコとカタール批判に反論」

アルクドゥス・アルアラビ紙(イギリス発行のアラブ紙) 「イランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外相、アメリカのマイク・ポンペオ国務長官の発言に回答 『アメリカは首を突っ込んだ至る所にカオスをもたらしている』」

 

プレンサ・ラティーナ通信(キューバ) 「ボリビアのエヴォ・モラレス大統領が3月にアンカラを訪問、モラレス大統領はトルコのレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領と会談予定」

クラリン紙(アルゼンチン) 「ベネズエラでニコラス・マドゥロ大統領が宣誓、任期は2025年まで。マドゥロ大統領 『われわれは真の民主主義である』」

エル・ムンド紙(スペイン) 「ネイマール、FCバルセロナへの復帰に向けて5回クラブマネージャーと連絡。パリ・サンジェルマンFCでプレーするネイマールがFCバルセロナのクラブマネージャーに復帰を許可してくれるよう懇願」

 

ル・モンド紙(フランス) 「米軍、シリアから備品の撤収を開始」

リベラシオン紙(フランス) 「アメリカのマイク・ポンペオ国務長官、イランに対抗するアラブNATOの結成を目指す」

フィガロ紙(フランス) 「リビアのベンガジ、復興の時」

 

イタルタス通信(ロシア) 「アメリカ、トルコとクルド人に関して議論しているにもかかわらずシリアから撤退準備」

RIAノーボスチ(ロシア) 「ロシアのバスケットボールチーム『FCヒムキ』、ターキッシュエアラインズ(THY)欧州リーグで『アナドル・エフェスSK』を破る」

インテルファックス通信(ロシア) 「2019年にロシア人は世界119か国にビザなし渡航が可能に」

 

ビルト紙(ドイツ) 「ドイツ、トルコとサウジアラビアへの武器の輸出が増加」

シュピーゲル・オンライン(ドイツ) 「内務省 『ドイツに亡命申請するトルコ人のうち2人に1人の申請が受理されている』」

ドイツ公共放送連盟(ARD)(ドイツ) 「アンゲラ・メルケル首相、ギリシャを公式訪問」

ハンデルスブラット紙(ドイツ) 「市場の変動に金価格が利益を被る。価格ラリーが続く」

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙(ドイツ) 「ドイツの鶏のうち2匹に1匹から下痢の原因となるバクテリアが発見」

 

時事通信社 「アメリカのマイク・ポンペオ国務長官、中東への関与強調、対イラン、テロ戦で共闘訴え」

産経新聞 「訪日外国人旅行者数は3119万人」

共同通信社 「停滞するロヒンギャ帰還」



注目ニュース