TRT(トルコ・ラジオ・テレビ協会)の歴史

 

TRT(読み:テーレーテー トルコ・ラジオ・テレビ協会)は、国家の名のもとにラジオとテレビの放送を行う目的で、1964年5月1日に特別法により、自治法人として設立されました。1972年の憲法改正により、TRTは「中立の」公共経済団体であると位置づけられました。

1982年憲法の条文に従い、1984年にTRTが再編されました。衛星放送が1986年以降、トルコに向けて放送を行う民放局が誕生したことにより、1990年まで続いていたTRTによるテレビ放送の独占がなくなりました。

憲法第133条が1993年に改正されたことにより、民間のラジオとテレビの放送が自由化され、TRTの自治性が再構築されました。TRTは今日、その自治性と中立性が憲法によって規定され、ラジオ、テレビ、あらゆるメディアを通して放送を行う公共サービス放送局として業務を行っています。

TRTの設立よりも前、初めてトルコ無線電話株式会社の傘下で行われていたラジオ放送が1964年、TRTの傘下に集められました。

1927年5月27日に放送を開始したイスタンブール・ラジオに続き、1928年にアンカラ・ラジオが初放送をしました。

アンカラ・ラジオとイスタンブール・ラジオは、1936年9月8日に郵便・電信・電話業務を取り扱うPTT(ペーテーテー)に管轄が移りました。その後、トランスミッターを強化したアンカラ・ラジオは1938年10月28日に正式に業務を開始しました。

1938年に放送を休止したイスタンブール・ラジオは、1949年11月に放送を再開しました。

第二次世界大戦に伴い、ラジオは、新たに設立された報道・観光・情報総局の管轄下に入りました。イズミル市の管轄により1950年に放送を開始したイズミル・ラジオは、1953年以降は報道・観光・情報総局のもとで放送を続けました。

1960年からは8つの県で県のラジオ局が設立されました。ラジオ放送の管理は自治性と中立性のある公共経済団体として行われることが規定された1961年憲法と1964年法律第359号によりTRTの傘下で続けられていたラジオ放送は、トランスミッターが強化されたことによりさらに広範囲に届けられるようになりました。1974年には、TRTの本部局および地方の支部局のラジオ放送が統合され、TRT1、TRT2、TRT3の放送局ができました。

テレビ放送は、1968年1月31日に、トルコ初のテレビ試験放送がアンカラのミトハトパシャ・スタジオでマフムト・タリ・オンギョレンさんのオープニングトークとともに始まりました。週に3日3時間ずつ開始された試験放送は、1年後に週4日に増やされました。1970年にはイズミル・テレビが、1971年にはイスタンブール・テレビが業務を開始しました。

1960年には月面着陸やゼキ・ミュレンさんのアンカラでのコンサートがテレビ画面に登場しました。

1973年には、トルコ共和国第2代大統領のイスメト・イノニュ氏の葬儀が生中継されました。

1974年に始まったキプロス平和作戦は、トルコおよびヨーロッパ全域がTRTの放送を通して情報を得ました。

ユーロビジョン・ソング・コンテストにトルコは初めて1975年に参加しました。

1978年には初めて水中カメラを使い、「深いところの過去」というドキュメンタリービデオがカラー撮影されました。

1979年には、5か国から133人の子どもと31人の代表が参加し、初めての4月23日こども祭りが開催されました。

1974年にテレビ放送が毎日行われるようになると、国の人口の55パーセント(1900万人)がテレビをみるようになりました。その広さは、国土面積の28パーセント(21万861平方キロメートル)に相当します。

テレビがトルコに導入されてから10年目にPTTに登録されたテレビ放送の受信者の数は225万人に達しました。

ユーロビジョン接続センターは1982年に運営が開始されました。

放送時間の増加に伴い、テレビ画面は1981年12月31日の年越しの夜よりカラー放送化が始まり、1984年には完全にカラー放送に移行されました。

1986年にテレビの第2チャンネルであるTRT2が放送を開始しました。

1987年、衛星「インテルサット」から借用されたトランスミッターからTRT1とTRT2の番組が衛星によりトルコ全国に放送されました。

TRT3とGAP TVは1989年に放送を開始しました。これによりTRTのチャンネルの数は4つになりました。

1990年には教育に重点が置かれたTRT4とヨーロッパで暮らすトルコの労働者に向けたTRT INT(テーレーテー・イント)が放送を開始しました。

1993年にはコーカサス地方と中央アジアに向けにTRT AVRASYA(テーレーテー・アウラスヤ)が、1995年にはトルコ大国民議会テレビが放送を開始しました。

1998年には初の国外支局となるTRTドイツ・ベルリン支局が誕生しました。その後、1999年にトルクメニスタンのアシガバート、2000年にアゼルバイジャンのバクー、エジプトのカイロ、ベルギーのブリュッセルにTRTの国外支局が設立されました。2002年には6番目の国外支局がアメリカのワシントンにできました。2004年にはウズベキスタンのタシュケントに国外支局ができました。

1999年にTRTデジタル放送テクノロジーセンターができ、インターネットサイトwww.trt.net.trからインターネットによる放送が始まりました。

2003年はTRTにとってもトルコの全国民にとっても忘れられない年となりました。TRTが国を代表して参加した第48回ユーロビジョン・ソング・コンテストでセルタブ・エレネルが「Every Way That I Can」という歌で優勝したのです。

国外でも力強い放送を行っているTRTは、2004年にアジア太平洋放送連合(ABU)のアジアビジョンの契約に署名しました。

2008年11月1日、トルコ初そして唯一のこどもチャンネルであるTRT ÇOCUK(テーレーテー・チョジュック)が放送を開始しました。

2009年1月1日、さまざまな言語や方言で放送を行うTRT6がクルド語放送を開始しました。チャンネルの名前は2015年にTRT KURDÎ(テーレーテー・クルディ)に変わりました。

2008年11月20日に誕生したwww.trtvotworld.comは、31言語で放送する新しいメディアサービス環境のある報道機関の中で世界5位に入りました。現在、地域や世界の最新情勢、専門家の意見などを含む包括的で公平で正しいニュースが37言語で世界中に届けられています。

バルカン半島、中央アジア、中東、コーカサス地方の27か国13自治国の約2億5000万人に声を届けるTRT AVAZ(テーレーテー・アワズ)は2009年3月21日に放送が開始され、トルコ語、アゼルバイジャン語、カザフ語、キルギス語、ウズベク語、トルクメン語による放送により、放送地域にあるすべての国が参加しどの国も自分の国から何かしらを見出す「共通のチャンネル」となりました。

TRT TÜRK(テーレーテー・トゥルク)は、2009年5月8日に国際トルコ語ニュース文化放送局として放送を開始しました。

また、同じ年に試験放送を開始したTRT ANADOLU(テーレーテー・アナドル)は、TRTとローカル・地方テレビ局連合が共同放送を行う放送局として計画されました。TRT ANADOLU(テーレーテー・アナドル)は、2012年のラマザン月(断食月)に24時間放送を行う宗教チャンネル「TRT-DİYANET(テーレーテー・ディヤーネト)」になりました。

2009年に放送を開始した音楽チャンネル「TRT MÜZİK(テーエレーテー・ミュジッキ)」はトルコ音楽を主に流すほか、新旧さまざまなトルコや世界の音楽を放送しています。

「証人になる心構えはできていますか?」というキャッチフレーズで2009年10月17日に放送を開始したドキュメンタリー・チャンネルであるTRT BELGESEL(テーレーテー・ベルゲセル)は、トルコを英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、トルコ語の5言語で世界に紹介しています。

 

さらに2009年には、ラジオ6、TRTナーメ(オスマン古典音楽チャンネル)、TRTシティラジオ・アンカラ、TRTトゥルク(トルコ民謡チャンネル)、TRTヨーロッパFMが放送を開始しました。

 

TRTはヨーロッパおよび世界トップのニュース専門放送局ユーロニュースと提携し、ユーロニュースと大きなパートナー関係を築きました。ユーロニュースは2010年1月にトルコ語によるニュースの放送を開始しました。

 

2010年3月18日、報道チャンネルのTRT HABER(テーレーテー・ハベル)が放送を開始しました。また、アラビア語放送を行うTRTエト・トゥルキエ・チャンネルがアラブ諸国で最も多く視聴されるチャンネルになることを目指し、2010年4月4日に放送を開始しました。

このチャンネルは2015年にTRT-EL ARABIA (テーレーテー・エル・アラビア)とう名前になりました。

 

放送の質における現在の最高品質、ハイビジョン放送が行われているTRT HDチャンネルは、主にスポーツ、ドキュメンタリー、映画を放送しています。

 

2010年8月に放送を開始したスポーツチャンネルであるTRT SPOR(テーレーテー・スポル)国内外のあらゆる試合や大会やイベントを生中継または録画による放送を行い、あらゆるスポーツのジャンルにそれぞれに価値を与えています。

2011年1月に放送を開始した教育チャンネルのTRT OKUL(テーレーテー・オクル)は、さまざまな年代武重の教育や文化関連の番組を放送する、テクノロジーと教育のチャンネルです。

 

TRTは現在、14のテレビ局、全国局5局、地方局5局、ローカル局3局、国際放送局5局のラジオ局、trt.net.tr、37言語によるニュースサイトwww.trtvotworld.com、文字多重放送、雑誌『テレビ』『TRTこども』『ラジオ』により、トルコおよび世界にニュースや情報を発信しています。